一億総筋トレ時代!? 筋トレが最強のソリューションである



こんにちはこんばんは、コスモコ(@kosumoko_blog)です。

ブックレビューの一冊目は「筋トレが最強のソリューションである」です。

自己啓発本のなかでも異彩を放つこの本、早速レビューしてみたいと思います!

著者:

著者はTestosterone(テストステロン)という名前で、日本企業の役員をこなしつつアジアの大都市でとある企業の社長を務めておられます。

Twitterのアカウントは25万人以上のフォロワーがいて、その筋トレ愛溢れるツイートが注目を集めています。

ちなみにテストステロンとは男性ホルモンの一種で、「勝者のホルモン」とも呼ばれていて、成功者のテストステロン値を測ってみると総じて高いことが特徴です。

Testosterone氏は今でこそ輝かしい業績をあげているエリートですが、高校生の時はなんと160cm、110kg越えの超肥満児だったそうです。

太っていたから運動も嫌いで、素行もなかなかの不良だったとのこと。その素行不良のために通っていた高校を退学一歩寸前まで追い込まれたときにようやく改心をして、その後に筋トレと出会ってから人生が一変したそうです。


内容

この本の内容はいたって簡単。タイトルにもあるように筋トレがいかに素晴らしいかを事細かに語っています。

内容の一部を引用しますと、

タイトル:筋トレをするともれなく自信がつきます
自信がない人は筋トレをして下さい。

①身体がカッコ良くなる

②異性にモテる

③テストステロンというホルモンがあふれて気分上々

④上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感

⑤恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感

以上の理由から自信がつきます。

Testosterone. 筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 (Kindle の位置No.220-223). ユーキャン. Kindle 版.

という筋トレで得られる効果についてであったり、

タイトル:自分の手綱は自分で握れ。離すな

誰も見てない時にどれだけ自分で自分を追い込めるか。この一点だよ。切磋琢磨できる相手がいないだとかモチベーションが保てない事を環境のせいにしてる時点でダメだ。自分の手綱を他人に握らせるなんておかしいだろ?自分の伸び代は自分で決めて覚悟を決めて何でもやり切れ。「敵は己の中にあり」だ。

Testosterone. 筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 (Kindle の位置No.343-346). ユーキャン. Kindle 版.

といった、筋トレとは関係ないけれども、著者が思う大切なことも書いてあります。

「上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感」って物騒なことをおっしゃってますが、要は筋トレをして生物的な強さが上がればどっしりと構えられるよ、とそういうことでしょう、きっと。

ちなみにTestosterone氏は元アマチュア格闘家だったそうです。

上に抜粋した内容もそうなんですが、どの文面も男らしくて頼れる社長といった印象をうけます。

ガタイがよくて、言うこともこれほど男らしいと社員もついてきてくれそうですよね。いつかこんなカッコいい社長になってみたい、と思えるような内容ばかりです。

まとめ

「筋トレが最強のソリューションである」を紹介させて頂きました。

筋トレで得られる様々なメリットが独特の口調で語られており、今すぐにでも筋トレを始めたくなっちゃうような一冊でした。ジャンルは自己啓発本ですが、実際のところは健康本に分類されてもおかしくないような本です。

それほどまでに筋トレについて熱く語られています。

ちょっと最近お腹が出てきちゃってるな、とか、仕事のストレスがひどくて、といったような方にもお勧めできる本で、是非とも手にとってほしい一冊です。

プロテインの購入も忘れずに!笑

Testosterone氏のTwitter