一ヶ月で3kg!ガリガリな僕が太れた、たったひとつの方法



こんにちはこんばんは、コスモコ@kosumoko_blog)です!

みなさん、自分の体型に悩みをもたれてはいませんか?

よくあるのは鏡の前で
「あれ、なんだか太ったかも?」
ってパターン。

多くの方が経験されたことがあるのではないでしょうか。

またテレビのCMなどで、太ってしまった人向けのサプリメントが紹介されたりしているのも、どなたも一度はみたことがあるかと思います。

一方でそういったものと真逆の悩みもあります。

つまり、「ガリガリで太れない」という悩みです。

太りやすい人からすればぜいたくな悩みに感じるかもしれませんが、ガリガリな本人たちは真剣に悩んでいます。

コスモコもじつはそのうちの一人です。

知り合いの女の子がほめているつもりでよく、

「コスモコ君はスリムだね!」

と言ってくれたりします。

ほめようとしてくれている気持ちはありがたいのですが、本人としてはもう少しガッチリとたくましい肉体になりたいわけです。

一般に、ハードゲイナー(体重が増えにくい人)は見た目がヒョロッとしていて、頼りなさそうな見た目の人が多いです。

本人もそれがコンプレックスになっていて気持ちが浮かない、なんてこともあるくらいです。

そんなコスモコですが、この一ヶ月で体重を3kg増やすことができたんです!

どうやって増やしたのか?

ハードゲイナーなら体重を増やすのに苦労したに違いない。

どんなアッと驚く方法をしたんだろう、と思った方、ハズレです。

正解は、「卵一個を毎食追加食べるようにした」だけなんです。

本当にそれだけ。

でもそこには「卵」であるちゃんとした理由があります。

卵を食べるメリット

メリット1:卵は栄養価が高い

必須アミノ酸をすべて含み、アミノ酸価、たんぱく価ともに食品中でもトップのすぐれたタンパク質源です。
卵黄に多いリン脂質のレシチンには、コレステロール値の抑制作用もあります。

(中略)

免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を促すビタミンB群も豊富です。
卵白には風邪の原因菌を溶かす働きを持つリゾチームという酵素が含まれています。

-決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

卵は非常に栄養価が高い食材として有名です。

よくよく考えてみれば、 ヒヨコは卵の中で成長して外に出てくるわけです。
生き物が元気に産まれるために必要な栄養が全て卵のなかにつめこまれていると考えると、納得がいきますよね。


メリット2:手軽に食べられる

卵は買いやすい値段で販売されていますから、手軽に食べることができます。

これが例えばキャビアとかならば話は別です。

「キャビアはめちゃくちゃ栄養価が高くて、なおかつ体重を増やすのに効果的なんです!でも値段は高いんです!」

ってなったら、普通買いませんよね。笑

卵はそんな心配はありません。

毎日3個食べる程度ならばお財布がすっからかんになってしまうこともあんまりないでしょう。

メリット3:調理方法がたくさんある

卵の調理方法はたくさんあります。

目玉焼き、卵焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵、、、。

ちょっと考えただけでいろんなレシピがでてきます。

なんならナマ卵を飲むのだってできちゃいます。

毎日同じ献立だと、だれでも飽きてしまいます。

それは卵も同じ。

なので豊富なレシピのレパートリーがあるのって意外と大事なんです。

せっかく太ろうと思って卵を食べ始めても、飽きて食べなくなってしまってはもったいないですからね。

メリット4:お弁当にしやすい

コスモコはお昼の時間帯は大学院にいます。

なのでお昼は基本的にお弁当です。

当たり前といえば当たり前なんですが、お弁当には固形しか入れることができません。

液体を入れると、もれてしまいますから。

卵は加熱すると固形になりますから、お弁当に詰めて持ち運びができます。

なので毎食ひとつ卵を食べることが簡単にできます。

コラム:一回の栄養摂取量には限度がある

「卵を毎食1個とか2個とか食べるのが面倒だから、一気に何個も食べちゃえ!」

って思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし一気に何個も食べても、人間は一度の食事で摂ることができる栄養の量が決まっています。

なので一気にたくさん食べても、吸収しきれない栄養も出てきてしまうので、一食で1個か2個ぐらいがちょうどいいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「増量には卵を食べるといいよ」ということについて書きました。

実際がりがりだったコスモコも、毎食卵を一個追加しただけで1ヶ月で3kgも増量することができました!

体重を増やしたいけど、増やせない。
そんな方にはぜひ一度ためしてみてほしい方法です。

ではっ!