ホリエモンから学ぶ!稼げないブロガーが「まとめ」を作るべき理由とは?



こんにちはこんばんは、コスモコ(@kosumoko_blog)です!

先日、こんな動画をみました。

堀江貴文のQ&A vol.274〜有名ブロガーになる方法!?〜

ホリエモンに質問をして回答をもらう、という企画。

内容をまとめると、こんな感じ。

「アフィリエイト目的でブログをやっていますが、有名ブロガーになる方法ってありますか?
特に得意分野を持たない一般人がアルファブロガーになる方法やアイディアがあればお教えください。」

このような質問に対するホリエモンの回答は

    ↓

「特化しなくてもいいかもしれませんが、やはりわざわざ見てもらう為には、見る人達に何か特別なメリットを与える記事を書かなければならないと思います。  

でも例えばNAVERまとめみたいに、Twitterやらブログやらの発言を拾って切り貼りしてという作業であれば、根気強く毎日のようにまとめを作って行けばそういう能力が磨かれるきがするので、やってみたら?」  

この動画が公開されたのは2014年。  
DeNAのキュレーションサイト「WELQ」などが一斉停止したのは2016年のことですから、それより前の動画になります。  
「まとめ」や「引用」への価値観が変わってしまった今ですが、それでもまとめ記事を書くことは多くのメリットがあります。  

ということで今回は、まとめ記事を書くことのメリットについて書いていきます。  

まとめ記事を書くメリット

メリット1:記事数の確保

あるトピックについてのまとめ記事を作れば、その分だけ自分のブログの記事数が増えます。  
一般的に、ブロガーが稼げるようになる指標の一つに  
「100記事かくこと」  
がよくあげられます。  

記事数が少ないブロガーがまとめを作れば、100記事に近づくことかできます。  
一方ですでに100記事を超えたブロガーもまとめを作ることで、よりコンテンツ量を増やすことができ、収益upにつながります。  

記事数を増やすことは、収益を増やすことに直結するのです。  


メリット2:良質なコンテンツを借りることができる

あなたがまだブログを書くことに慣れていないときにうまれるメリットです。

文章を書くことに慣れていない人の文章って、伝えるための言葉が足りなかったり、構成が甘かったりするんです。(もちろんコスモコもそのうちの一人ですが(^_^;))

その足りていないスキルをインターネット上にある質の良いコンテンツから文章を借りてくることで、自分が作り上げるコンテンツの質を高めることが出来ます。

例えばライター経験のない駆け出しブロガーさんが1から執筆をすると、文章がひっちゃかめっちゃかになってしまうことが多いです。

そんな時に、先輩ブロガーさんたちのコンテンツを借りて足りてない部分を補ってやることで、駆け出しブロガーとは思えないほどの質のコンテンツが出来上がる場合だってあります。

メリット3:まとめ能力

あなたがあるトピックについて「これはいい発言だ」と思ったものをまとめたとします。 

もしそのまとめが要点を得ていて、しっかりと読者のほしい情報を的確にまとめていれば、PV(ページビュー)は伸びていくことでしょう。  

逆に要点をまとめきれていなくて、読者のほしい情報ものっていないまとめならばPVは伸びません。
  
この結果をフィードバックして、次のまとめ記事を作るとき改善していけば、しだいに「要点をつかんでまとめる能力」がつきます。  

この要点をつかんでまとめることができるのは、とても大切な能力です。  

インターネット上に散らかっている情報の中から、読者がほしいものだけをピックアップすることができる。  

この能力がつけば、まとめ記事に頼らずに自分なりの記事を書くようになってもいきてきます。 
考えてみてください。  

「自分の考えをただ書き散らかしただけの記事」  

と  

「読者が知りたい情報を的確におさえつつ、自分なりの考えを発信している記事」  

どっちの方が収益アップにつながりそうですか?  

明らかに後者ですよね。  

そういったことに加えて、要点を素早くつかめる人は成長するのも早いと思います。  

質のいいものもあれば悪いものもあるなかで、素早く質のいいものだけを選びとることができるということは、その分だけ質の良いものに触れている時間が長くなります。  
そうなれば当然、そのトピックに関して早く理解し成長できるようになります。  

まとめ : ただまとめただけじゃ大手まとめサイトには勝てないよ

ただ単にまとめただけではコンテンツ量にまさる大手まとめサイトには勝てません。  
圧倒的なドメインパワーに押し負けるのがオチでしょう。

ではどうすればよいのか。  

それは、「常に読んでくれる人のことを考えて、その人がほしい情報が過不足なくまとめること」を記事の頭からしっぽまで意識すること。  
  
まとめる過程で、読んでくれる人のことを考えてTwitterやブログの発言をまとめていくうちに、「読者を一番に考えるスタンス」を身に付けることができるのではないでしょうか。

【注意】引用するときは敬意を持って引用すること

誰かの記事や発言を引用するときは、かならずどこからの引用なのかを明示することを忘れないでください。  

理由は2つ:  
1. 発言や記事には著作権がありますから、引用元を示さないと「著作権法違反」になりかねない  
2. 引用元からメディア拡散を狙える

1.については多くの方が知っていることでしょう。  

2.が敬意をもって引用元と接することで得られる最大のメリットでしょう。  

例えばまとめ記事を書く前に、引用元のサイトの担当者に

「あなたの記事のここの一文を引用させてもらってもいいですか?」

と聞いて確認をとります。  

OKがもらえたら、まとめ記事を作って公開します。  

そして引用元のサイトの担当者に連絡をするんです。  

「このたびはありがとうございました。あなたの記事を引用させていただきました。よかったらみてください!」  

と。  

すると引用元のサイトの担当者は  

「自分のサイトの記事がまとめ記事に引用された!これはもしかしたらPVを増やすチャンスかもしれないからSNSでまとめ記事にのったことを報告しよう!」  

となるわけです。  

このようになれば引用元のサイト側もまとめ記事側もPVが増加することはお分かりでしょう。

引用元に敬意を払うことは、著作権違反を防ぐだけでなく、お互いに得することができる関係を作ることができるのです