イケハヤさんのTwitterとブログの連携術が笑えるくらいすごい



こんにちはこんばんは、コスモコ(@kosumoko_blog)です。

ブロガーなら誰もが知っている、イケダハヤトさんという方がいらっしゃいます。

世間を煽るネタがときどき炎上して、ネット掲示板でも話題に上がったりもするイケダハヤトさんですが、ブロガー界の先駆者なだけあって、多くの人がそのブログ術を参考にしています。

コスモコも例にもれず、イケハヤさんのブログを舐めるように読んでいました。

そんなときにふと気がついたことがあったんです。

「イケハヤさん、Twitterでブログを書く起点を作って、そのツイートをブログでまとめることでストーリー化しているんじゃないか。。。?」と。

今回はイケハヤさんのTwitterとブログの連携術について、僕が気づいたことを書きたいと思います。

今回注目した記事

Twitterとブログが連携した記事が以下の三つです。

  1. イケハヤ、「田舎暮らしとお金」について熱弁をふるう。
  2. 貧乏人にモノを売るから消耗するんですよ。
  3. イケハヤの周りに億万長者が続出したら、ワクワクしますよね。

1.はほぼツイッターの投稿を載せているだけで記事として完結しています。
2.と3.は初めにイケハヤさん自身のツイートを載せた後、そのツイートを補うような形のコメントがブログ内で加えられています。


Twitter単体はお金にならない

まずTwitter単体では収益化は基本的にできません。
アメリカでは動画にプレロール広告(投稿動画の冒頭にはさむ広告のこと)などを埋め込み収益化ができる流れがあるようですが、まだ日本ではそういう流れはありません。

イケハヤさんのTwitterを何も考えずに見ていたころは、「なぜお金にならないTwitterをせっせと更新しているのだろう」と疑問に思っていました。

しかしブログ運営術を学ぼうとして読んでみると、どうもメリットが大きいということが分かってきました。

Twitterは点である

Twitterは一度の投稿で140文字までしか書けません。
ブログは文字数に制限がありませんから、一見これはデメリットのように思えます。
しかしイケハヤさんはそれを逆手にとっていたんです。

イケハヤさんはTwitterを「ブログの劣化版、しかも収益化もできない」と否定的に捉えるのではなく、「気軽に発信できるミニブログ」のような感覚でいるように思えます。

TwitterはSNSで、気軽に発信できます。イケハヤさんはその部分を生かして発信をしてブログを作るときに役立つ「点」を作っていたんです。

影響力を持つ

上に書いたようにイケハヤさんはブログを書く時に役立つ点作りのために活用していますが、それだけではありません。
こまめにTwitterを更新することによって、「たくさんのフォロワーを集め、自分の発言を広く拡散する」という役割も担っています。

こまめにツイートすることでフォロワーの注目を獲得し、そのツイート同士をつなげてストーリーにしてブログ記事を作る。

そして影響力を持ったTwitterで「ブログを更新したよ!」とつぶやく。
そうすると、こまめにツイートして獲得したフォロワーにブログを更新したことを知ってもらい、読んでもらえる。
Twitterで集客もブログ運営もできてしまう。

本当にうまく考えられている仕組みです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どんなものにもよいところと悪いところがあります。

完璧なものなど存在しません。

そういう世界では、それぞれのよいところをうまく組み合わせて活用していくことが大事なんですね。

ではっ!