マクドナルドは学生が勉強する場としては最強かもしれない



こんにちはこんばんは、コスモコ(@kosumoko_blog)です。

僕はよくマクドナルドでブログの記事を書きます。
理由は自分の部屋で書くよりもはかどるから。
僕だけじゃなくて、他の学生もマクドナルドを多く利用しています。
今回はマクドナルドを勉強場所に利用するメリットを紹介していきたいと思います。

適度にうるさい

「え、うるさいのは集中したい時はデメリットじゃないの?」と思われがちですが、実はそうではありません。
こんな記事がありましたので引用します。

一見ネックになる周囲の雑音。最近では、適度な雑音が集中力を高めることも明らかになっています。ストックホルム大学のSöderlund氏らによる研究によれば、普段集中力が足りない生徒に「ホワイトノイズ」と呼ばれる不規則な雑音を聞かせると、学習効果が上がったんだとか。マックでの周囲の話し声、なんてまさに「不規則な雑音」そのものですよね。
ギリギリの時はマックで勉強? 東大生が使う意外な勉強場所

不規則な雑音によるうるささであれば、集中するときにプラスに働くようです。

ちなみにコスモコは隣の席の会話が聞こえてしまうと集中できなくなってしまうので、隣に人がいない席を狙って座っています。

人の目がある

人の目がある場所では集中力が上がることが心理学的にわかっています。
心理学の世界では「見物効果」と言って、他の人の目があるとやる気が出たり仕事の質や量が上がったりすることを指します。
この効果がマクドナルドなどの人がいるところで働いて集中力が増します。


飲食費が安い

ファミレスなどよりもマクドナルドの方が食べ物の値段が安いので所持金が少ない学生にも優しいです。笑
コスモコもスタバで華麗にMacbookを広げて作業をしたいのですが、お金がないのでマクドナルドで済ませています。

24時間営業

マクドナルドは場所によって異なりますが、24時間営業のテンポがたくさんあります。
これはテスト期間中の学生にとってとても嬉しいことです。
大学生という生き物は、レポートや試験に追われたりすると、自宅に帰らずにマクドナルドで追い込みをかけたりします。
そういうときにお財布に優しい価格設定で24時間営業のお店があるのは本当に便利なんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
なんだか途中から、大学生はお金がないから仕方なくマクドナルドに来ている、みたいな文章になってしまいましたが、実際のところ本当に助かっています。
コスモコはほぼ毎日決まった時間にマクドナルドへ行ってプレミアムローストコーヒーのMサイズを頼みます。
店員さんとしては「またこの人コーヒーか、飽きないねぇ」と思っているでしょうが、そんな気持ちを顔に出さずに接客してくれて本当にありがたいです。
長時間座席を占拠するのは良くないことですが、少しの時間集中して作業したい人はマクドナルドを上手に利用してみてはどうでしょうか。

それでは、コーヒー買って来まーす!